FC2ブログ

混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第13話 「開戦」

2008'12.30 (Tue)

toa13

セントビナーが崩落。ルーク達は、ピオニー九世の要請で来た飛晃艇ひこうていアルビオールで人々を救出する。だが、マルクト帝国とキムラスカ王国が遂に開戦。大地を支えるセフィロトツリーを失った戦場で多数の犠牲者が出ることを案じたルークとナタリアは停戦を求めて動くが、偽物としてバチカルに連行され自害を強要される。ティア達に助けられた二人は、インゴベルト国王の元に赴く。だが、ナタリアには出生に秘密があった。王女ではないと断罪されてしまうナタリア。アッシュは六神将のラルゴ達を裏切り、ナタリアを慕う市民達と協力し、ルーク達を助け出す。



1週間以上遅れての感想になります(^_^;)
この遅れ、マジデドウニカシナイト・・・。

パーティの全員が重い過去を背負っていますが、今回はナタリアの番でした。
原作で知ってるけど、最後で感動しました。
イイハナシイダナー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

以下、ゲームのネタばれを少し含みます。未プレイの方はご注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第12話 「水の都」

2008'12.21 (Sun)

toa12

六神将の襲撃を退け、マルクト帝国の首都グランコクマに到着したルーク達は、皇帝ピオニー九世に拝謁。キムラスカとマルクトが開戦間近だと知らされる。その戦場となるセントビナーには崩落の危険が迫っていた…。



今回の話では、ジェイドに続き、ガイの過去が明かされました。
ガイが抱いていたルークに対する殺意は過去のものだとわかりひと安心。
カースロットも無事に解除されました。

いろいろと気になっていたピオニーの性格ですが、あのジェイドをからかえるなんて大したものですね。
それにしても、あのペットには吹いたw

そんな12話の感想です。
またまた1週間遅れですいません(^_^;)

以下、ゲームのネタばれを含みます(少しですが)。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第11話 「雪降る街」

2008'12.13 (Sat)

toa11

ピオニー皇帝の力を得るためグランコクマに向かったルーク達だが、タルタロスが故障、応急処置することに。寄港地は雪の街ケテルブルク。ジェイドの生まれ故郷で、幼い頃ピオニーが政争の為、軟禁された街。知事ネフリーはジェイドの妹だった。ジェイドは旧姓バルフォアといい、幼少から天才と謳われていた少年だったが、師であるネビリムを事故で失っていた。彼女を再生しようとレプリカを生み出すフォミクリー技術の研究に手を染めたジェイドは、ある日、大事故を起こして負傷。友人のピオニーに諫められ、以来、禁忌の術を封印したという。ルークは、ジェイドの辛い過去を知る。



1週間遅れ(>_<)

今回はジェイドの過去が中心の話でした。
今までと比べて、テンポが遅いと感じたけど、普通はこれぐらいだよなーとか思ったり。
ジェイドの過去は、レプリカを語る上で非常に重要なので時間をかけたんだろう。

やっぱり、ルーク変わりすぎw
ミュウに対する態度とか全然違うし。

以下、原作のネタばれを含みます。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第10話 「償いの帰還」

2008'12.03 (Wed)

toa10

決意のルークは、ヴァンの計画を阻止するために急いで地上へ戻ってくる。そんなルークをガイが待っていた。そこへ現れたジェイドは、イオンとナタリアがダアトで軟禁されたと伝える。救出に動くルーク達だが…。



決意をしてルークはどのように変わったのか。
その変化がよくわかる話でした。
てか、ルーク変わりすぎw
この成長は、少しずつやってほしかったな~。
とはいえ、オラクル兵との戦闘に時間をかけて、ルークの決意を表したのは良かった。

以下、ゲームのネタばれを含みます。未プレイの方は注意を。


more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第09話 「奪われし者」

2008'12.03 (Wed)

toa9

フォンスロットの同調作用でアッシュの中に意識を取り込まれたルークは、仲間達が自分を見捨て、地上へ戻ると聞く。だが、ティアだけは魔界クリフォトに残るという。アッシュ達はタルタロスで地上へ帰還し、アクゼリュスを崩落させたヴァンの目的を探るため、ベルケンドへ向かう。そこでレプリカを作るフォミクリーの研究をしていたスピノザを見つけるが、逃げられてしまう。ワイヨン鏡窟へ向かったアッシュ達は、ヴァンの目的がさらなる大地の崩落だと気づく。アッシュとの同調から外れたルークは、魔界クリフォトでルークの目覚めを待っていたティアと再会、犯した罪の償いのため、変わることを誓う。



1週間以上遅れての感想になります(^_^;)

主人公がアッシュに交代!?
今回の話は、原作で一番印象に残っているところだったので期待してました。
いままでは、ウザいだけだったルークが、自分で考えて、変わろうとする。
そして、その決意を示すために、断髪をする。
このシーンは、アニメでも、感動しました。

以下、ゲームのネタばれを含みます。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第08話 「崩落」

2008'11.19 (Wed)

toa8

アクゼリュスに到着した一行は、障気で倒れた人々の救助活動を始めた。だが、ヴァンとの密約があるルークは、ヴァンを捜して救助に参加しない。坑道に降りたルークは、ようやくヴァンを発見するのだが…。



崩壊するアグゼリュス。
そして、ヴァンのもくろみが明らかに。
ヴァンに裏切られ、自分がアッシュのレプリカだと知らされるルーク。
今回の話は、原作でも衝撃の展開でした。
アニメでは、崩壊の様子が細かく書かれていて、印象に残りました。

「愚かなレプリカルーク」
自身に満ち溢れていたルークが裏切られた姿は面白かったです。

「俺は悪くねぇー!!!」
このセリフは、明言ですw
ゲームでは、もっと連呼してた気がするけど・・・。
とにかくうざかったのは覚えていますw

以下、ゲームのネタばれを含みます。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第07話 「孤立」

2008'11.12 (Wed)

toa7

イオン救出の為、ルーク達がザオ遺跡に駆けつけた。ラルゴと戦う中、ガイがシンクに傷つけられるが、イオンを奪還し、ケセドニアに移動する。港でシンクのカースロットに操られたガイはルークを襲う。港を離れた一行は、アクゼリュスに近いデオ峠に到着。ルークは不用意な発言で仲間達の顰蹙を買ってしまう。そこへティアの教官だったリグレットが現れる。兄ヴァンの元へ戻れと説得するリグレット。兄への不審を消せないティアは拒絶。リグレットは撤退する。一方、ルークは親善大使として扱われないと怒りを募らせ仲間達から孤立してしまう。



今回の話は六神将との対立がメインでした。

相変わらずウザいルークですが、最後においてけぼりにされたのが面白かったです。
ざまぁw
誘拐、軟禁されていたからといっても、あれは許せないでしょう。

以下、ゲームのネタバレを含みます。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第06話 「砂漠の雨」

2008'11.04 (Tue)

toa6

マルクトとキムラスカの和平を妨害する大詠師一派を避け、ルーク達は陸路作戦をとる。その出発間際、イオンの誘拐が発覚。救助に動くが、王女ナタリアも同行することに。そして、一行はようやくイオンを発見するが…。



廃工場の話なんてナタリアの登場シーンだけですぐ終わると思っていたら、意外と長くてびっくり。
今まで駆け足で進んできましたが、今回はまったりでした。
これぐらいペースがいいんだけど、これでやると尺が足りないんだろうなぁ。

最後には、ルークがアッシュに出会います。
そしてルークは・・・。
ルークのウザさは予想通り、進化してますw

以下、ゲームのネタバレを含みます。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第05話 「遊ばれし英雄」

2008'10.29 (Wed)

toa5

キムラスカ王国に帰還したルークは『鉱山都市を救う英雄になる』という預言を国王から明かされる。英雄になれば不自由な公爵邸での軟禁生活から解放される。ルークは喜んでアクゼリュス行きの親善大使を拝命する。



親善大使様キターーー!!!!!
ってことで、今回はルークが親善大使に任命される話。
これからどんどんうざくなっていくルークが観れますヨ。

以下、ゲームのネタバレが含まれます。未プレイの方は注意を。

more »

[アニメ感想] TALES OF THE ABYSS 第04話 「隠された真実」

2008'10.24 (Fri)

toa4

軍港カイツールでルーク達を襲った六神将のひとりアリエッタは、人質を取り、イオンとルークをコーラル城に誘い出す。幼い頃に誘拐されたルークが見つかった因縁深き城で、ジェイドはルークの隠された真実に気づく。



遅れましたが、4話の感想です。
あいかわらずテンポが速く、話を整理するのが精一杯です。
特にBパートでは、今後重要になってくる伏線がいくつか張られました。
新キャラは、ディストとシンクが登場し、これで六神将がそろいました。

以下より、ゲームのネタバレも含みます。未プレイの方は注意を。

more »

«  | HOME |  »

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。