混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第07話 「高い塔の女」

2008'11.14 (Fri)

casshern7

未完成の塔がそびえ建つ、廃工場へとやってきたキャシャーン。そこにはもう何かを作る必要もなくなり、一日中テーブルゲームの賭けに興じ、ただ時の過ぎるのを待つ作業用ロボット達がいた。鬱屈した思いと異常をきたし始めた精神から、工場を訪れたキャシャーンを襲うロボット達。しかしその中に、他のロボット達とは違い、ある目的を持って生き続ける女性ロボット、リズベルがいた。彼女に促され、作りかけの塔へと登るキャシャーン。リズベルの目的は、塔を完成させること。そして、塔に鐘を付けてその音を響かせることだと言う。鐘の音を聞いた者達に、世界にはまだ美しいものがあると気付かせるために。キャシャーンの傷一つ無い純白のボディの美しさに心惹かれたリズベルは、彼にもうすぐ完成する鐘の音を聞いて欲しいと引き止める。だが彼女の目的は、キャシャーンのボディを鐘を作る材料とすることであった。豹変したリズベルによって催眠の香を嗅がされ、プレス機に拘束されるキャシャーン。狂気に囚われたリズベルの操作により、鋼鉄のプレス板がキャシャーンに迫る。だが、眠った振りをしていただけのキャシャーン。一度は彼女に殺されることも考えたが、ルナを殺してしまった自分にはまだすべきことがあると工場を去る。呆然とキャシャーンを見送ったリズベルであったが、彼女は取り憑かれたように炉に向かい、鐘を造り始めた。しかし完成した鐘は、美しいとは言い難い音を響かせる。
その音に苛立ちを爆発させた作業ロボット達が、リズベルに襲い掛かった。



今回は、銀髪の女「リズベル」が登場!
って声は小山さんですか。
元夫婦っていうのをわかっていて共演させているのでしょうか?
もしそうだとしたら、キャシャーンとリズベルの関係には何かあると思ってしまうのですが・・・。

キャシャーンとルナの過去については進展なし。
しかし、リズベルを通してキャシャーンの成長が見られました。
そんな7話の感想です。

more »

スポンサーサイト

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第06話 「運命との再会」

2008'11.07 (Fri)


casshern6

キャシャーン達の前に現れた、漆黒のボディスーツに身を包んだ謎の男。彼は言う。キャシャーンのことならば全てを知っていると。キャシャーンはこの世の全てを破壊するために造られた。そして、自分もまたキャシャーンと同じ力を持っているのだと。更に彼は語る。かつて、人間によって造られたロボット達はその支配からの脱却を望み、人類に反旗を翻した。そして彼らの頂点に君臨しロボット帝国の指導者となった者こそが、ブライキング・ボスであると。そして彼は宣言する。キャシャーンを殺し、その身体に秘められた秘密を手に入れ、自分が世界の滅びを止めてみせると。その言葉に希望の光りを見るロボット達。そしてキャシャーンは、自分の死により世界の滅びが止まるのであれば喜んで命を捧げようと、自らその身を投げ出そうとする。しかし、黒い男の攻撃を受けたキャシャーンは、またも自分の意思とは関係なく闘いを始めてしまう。激しい攻防の末に、ついに追いつめられるキャシャーン。そんな彼を救ったのは、彼の命を狙っているはずのリューズであった。


このアニメにもツンデレキャラがいたとは。
今回の見どころは、キャシャーンとディオのバトルにつきます。
絵の動きも良く、楽しめました。
あまり明らかにされないキャシャーンの過去にはヤキモキされますが・・・。

more »

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第05話 「月という名の太陽を殺した男」

2008'11.01 (Sat)


casshern5

再びキャシャーンの前に現れたリューズ。彼女はその昔にキャシャーンが犯した大罪を語る。少女ルナは、この世の生命の源。そのルナの住まう館の警備をしていたのが、リューズの姉リーザであった。そして彼女は目撃したのだと言う。館へ押し入ったキャシャーンが、ルナをその手にかける様を。ルナの死と共に、世界の滅びは始まった。そして一番近くでルナの死に接したリーザが、最初の犠牲者だった。死の際にリーザはリューズに願った。災いの元凶であるキャシャーンを殺せと。リューズの話を聞いたキャシャーンは自らの罪を悔い、自分を殺してくれと彼女の前に身を投げ出す。だが、リューズの攻撃に不死身の肉体は滅びることはなく、逆に破壊衝動に囚われたキャシャーンは彼女を襲ってしまう。間一髪で我を取り戻したキャシャーンは、悔しさと恐怖に震えるリューズに背を向け、その場を立ち去るのだった。一方その頃、廃工場でまだ交換可能なパーツを発見したリンゴとオージ。市民ロボット達とパーツを分け合おうとしたその時、野盗ロボットが現れ、パーツを奪おうと暴れ始めた。そこに駆けつけたキャシャーンであったが、戦いの最中にまたも我を忘れ、無害な市民ロボットまで破壊しそうになってしまう。怯えるリンゴの様子に、後悔に顔を歪めるキャシャーン。そんな彼らの前に、突如一人の男が現れた。



今回のタイトルからして、ルナのことが明かされると思ったら、あまり明かされませんでした。
しかし、最後にはライバル登場で、次回以降、面白くなりそうです。

久しぶりにリンゴが見れただけで満足ですw(え

more »

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第04話 「滅びの天使」

2008'10.25 (Sat)


casshern4

鋭いサーベルを手に、ロボット達に自分と闘ってくれとせがむロボットの少女ソフィータ。闘いの中にしか喜びを見いだせない彼女は、荒くれ者のロボット達からも「滅びの天使」と呼ばれ、恐れられていた。そんなある日、彼女はフレンダーを旅の共としたキャシャーンと出会う。突然声をかけられ、自分と闘わないかと誘う彼女に、キャシャーンは闘う理由がないと相手にしない。そんなキャシャーンに興味を惹かれたらしく、どうしても闘って欲しいとまとわりつくソフィータ。しかし、キャシャーンはあくまでも闘いを拒否し、彼女を引き離し荒野を去っていくのだが…。キャシャーン出現の話を聞いたロボット達が、彼をおびき出そうとソフィータに襲い掛かる。華麗なサーベル捌きでロボット達を倒していくソフィータであったが、ロボット達のボスに不覚を取り、ついに追いつめられてしまった。振り下ろされる刃。その時それを受け止めたのは、間に割って入ったキャシャーンであった。しかし、自分を救ったキャシャーンに、ソフィータは刃を向ける。自分の中に生まれたキャシャーンへの想い…その想いは闘いでしか伝えることが出来ないのだと。そんな彼女の悲しい攻撃に、キャシャーンは沸き上がる破壊の衝動を必死に押さえるのだが…。



滅びの天使ソフィータが登場!
なんかエロい。動きとかセリフが。
そして、ラストでは死…あれ、死んでない!

あと、フレンダーどこいったw

more »

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第03話 「苦悩の果てに」

2008'10.18 (Sat)

casshern3

あてもなく荒野を一人彷徨うキャシャーンは、一人の男と出会う。死を受け入れたロボット達の町を探しているという男は、立ち去ろうとするキャシャーンに興味を覚えたようで、彼の後を付いてくる。自分に関わるなと忠告しても、飄々とした態度で聞く耳を持たない男。そんな男の憎めない様子に、キャシャーンはいつの間にか態度を軟化させ、男を旅の連れとしたのだが…。実はアコーズと名乗るその男が人間であることを知り、驚くキャシャーン。思い出せる記憶の範囲内で、初めて出会った本物の人間。しかし彼との旅の中にあっても、自分の犯した罪を悔い、キャシャーンは一人沈んでいた。そんな彼にアコーズは罪とその責任について解き、彼の言葉にキャシャーンは答えを見出そうとする。深夜、休んでいるアコーズの傍らを離れたキャシャーンは、来た道を戻っていく。彼の行く手に姿を現したのは、廃墟の町から後を追ってきたフレンダーであった。自分の犯した罪に決着を付けるため、キャシャーンはフレンダーと対峙する。



今回は、キャシャーンが初めて人間に出会うお話。
前回の話の後、フレンダーと一緒に旅を続けるのかと思ったら、ぜんぜん違いました。

more »

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第02話 「世界は断末の声に満ちて」

2008'10.11 (Sat)

casshern2


キャシャーンの前に現れた謎の女ロボット、リューズ。彼女は激しい敵意を向け、世界が滅びへと向かっている原因は、キャシャーンにあると責める。失った記憶を取り戻し、自分の犯した罪を思い出してから死ねと言い放ち、いずこかへと去るリューズ。一方、とある廃墟では、男女一組のロボットが荒くれ者のロボットに襲われていた。その危機を救ったのは、彼らが飼っている「フレンダー」と呼ばれるロボット犬。そして、その場に居合わせたキャシャーンも加勢し、敵ロボットを撃退した。ロボットでありながら恋人同士であるという二人は礼を述べ、キャシャーンを彼らの仲間が集まる町へと案内する。そこは滅びの運命を受け入れ、安らかに死を待つロボット達が集まる場所であった。だが、町のリーダーであるロボットは、キャシャーンに早々に町を立ち去るようにと言う。滅び行く者が集まるこの町には、彼は相応しくないと…。キャシャーンが去り、再び静かに滅びを待つ町。しかし、そこに一体のロボットが現れる。死にかけ錯乱したロボットは、町のロボット達をキャシャーンだと思い込み、永遠の命を得るために彼らを食らおうとする。主人達を守ろうとするフレンダーの抵抗も虚しく、破壊されていくロボット達。だがその時、彼らの危機を察知したキャシャーンが町へと戻ってきた。



続けて2話の感想です。

more »

[アニメ感想] キャシャーン Sins 第01話 「終末の世界で」

2008'10.10 (Fri)

casshern1


見渡す限りの荒野の世界。純白のボディスーツを身にまとった一人の青年が、巨大な体躯を持つロボットの群れと闘っている。朽ちかけ錆びだらけの身体を引きずって口々に「キャシャーンを殺せ」と繰り返しながら、青年に襲い掛かるロボット達。しかし、その青年の力は圧倒的で、一見危うげな痩身から繰り出される攻撃は、鋼鉄のボディをいとも簡単に砕き、引きちぎり、次々に粉砕していく。死にかけたロボットは言う。「キャシャーンを食らえば、永遠の命が手に入る」と…。だが青年は、自分がなぜ襲われるのか、そして自分が何者であるのかさえもわからないでいた。そんな中、彼は浜辺で一人の少女と出会う。リンゴと名乗るその少女は、警戒もせずに青年に近づき、屈託のない笑顔を向ける。少女との触れ合いの中に、ひとときの安らぎを覚える青年。名を聞かれた彼は、襲ってきたロボット達の言葉を思い出し、自らをキャシャーンと名乗った。だがそこへ再び一体のロボットが現れ、リンゴに襲い掛かる。少女を救うため、キャシャーンはロボットに挑むのだが…。



35年前の作品をマッドハウスがリメイク。
原作も実写映画も見てませんが、とりあえず、第1話観てみました。

more »

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。