混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セキレイ 第12話 「縁ノ鶺鴒」

2008'09.26 (Fri)

sekirei12

ついにセキレイも最終回
結はどうなったのか?

前回、結の鶺鴒紋が消え、次は、久能の番かと思ったら、久能が祝詞で対抗。
名づけて、

「ふにゃふにゃのうた」

これはひどいwww
もう少しいい名前付けてあげようよ(笑)
しかし、持続時間が短く、やっぱり久能は無能だったようでw

ついに戦える者がなくなりピンチかと思ったら、やっとのことで月海登場。
なかなかいい勝負をするも、2対1は厳しかったようで、すぐに劣勢に。

一方、椎菜はクーちゃんと出会うのかと思ったけど、出会えず。
そして、敵に狙われ、ついにユカリとキスして羽化。
最終回にしてやっと。
時間かかったなぁ。
能力は、植物を枯らす能力のようで、クーちゃんとは対をなす能力。
椎菜とクーちゃんにはどんな関係があるのだろうか?

鉄橋のほうでは、結の鶺鴒紋が復活し、覚醒。
腹には08の番号が!
その正体は、結ではなく、縁の鶺鴒、結女だったようで。
で、誰?

チートレベルの強さで、懲罰部隊の2人を放り投げてバトル終了!
( ゚д゚)ポカーン
その後、鴉羽が登場。
バトルするのかと思えば、結女は結に戻り、鴉羽はすぐに帰って行きました。
決着をつけてほしかったところですが、それは2期ですかね?

風花と鈿女の助けもあり、ハルカと久能は帝都から脱出することに成功。
皆人はまだやりたいことがあるので帝都に残ることに。

「そう、物語は終わっていない!否、小鳥たちの織り成すストーリーはこれから始まるのだ!」

と社長が言ってたので、2期はもちろんあるのでしょうね。
消化しきれてない複線もあるようだし。
気になる点は、
・なぜ、結女から結に戻った時に、鶺鴒紋まで復活していたのか。
・鈿女の足牙について。
・大家さんについて。
・椎菜とクーちゃんの関係。
・焔の調子がおかしいこと。
・風花は何がしたいの?

こんなとこかな?

友達に原作もおもしろいと勧められたので、読んでみようかな。
原作を読んでみればこの疑問もいくつかわかるのかな?

この作品をまとめると、一番の魅力はあの胸キャラの個性かな。
個人的には、クーちゃんが1番だけど。(ロリコンって言うなー
なんか、クーちゃんは見ていてかわいい。(だから、ロリコンじゃ(ryツンデレスキーの自分だけど、月海はあんまりだった。(嫌いじゃないけど)

戦闘シーンは動きも激しく、全体的にギャグパートとのバランスも良かったと思う。
全12話通して、個人的にはなかなか面白かったです。

2期があることに期待!

・トラックバック先
Welcome to our adolescence.
パズライズ日記
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。