混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[映画感想] サマーウォーズ

2009'08.01 (Sat)

サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ (角川文庫)
(2009/07/25)
岩井 恭平

商品詳細を見る

今日公開のサマーウォーズをさっそく見に行きましたので感想を書きたいと思います。
今回は友達2人(1人は少しオタク、もう1人はいたって普通)と見に行きました。
映画開始2時間前にチケットを買いに行ったのですが、3つ連番でとれる席はほとんどなく、通路側(後方)で前後に分かれて座れる席を購入しました。
公開初日かつ映画の日ということもあって、地方にもかかわらず、120人収容できる劇場が見事売り切れ。
ちなみに、朝一番の分も完売してました。
それだけ期待している人が多いってことなんでしょうね。
客層は男:女=8(7):2(3)ぐらいで大学生ぐらいの人が多めでした。

ここからは重要なネタばれも含みますのでこれから見るという方は見ないでください。
↓見た方はこちらからどうぞ

まずは、あらすじから。

高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内(じんのうち)家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。
栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。
栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。
そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…
翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!


公式HPに書かれているのははじめの30分ぐらいの内容です。

はじめの5分は↓の動画をあらかじめ見ておきました。


まずは率直な感想を。
前日に見た「時をかける少女」も良かったですが、それと同じくらい良かったですよ。
笑いあり、感動あり、そして熱いアクションシーンもあり。どれをとっても優秀な作品でした。


いきなり時かけとの比較になってしまいますが、単純な面白さでいえば、時かけ以上でした。
陣内家でのドタバタ劇はなかなか面白く、静かな劇場で何度か笑いをこらえてました(^_^;)
また、陣内家にはそれぞれしっかりとした役割が与えられており、とくに男性陣はLOVEマシーンとの戦いでは大活躍でした。
電気店を経営している太助はスーパーコンピューターを持ってくるわ、理一は自衛隊の無線を傍受するやつ?無線通信機を持ってくるわ、万助は船を持ってくるわ、もうなんでもありだなとw
佳主馬はただのオタクかと思いきや、母親やお腹の中にいる妹のために戦う姿はかなり熱かった!

感動もそれなりにできるけど、時かけと比較してしまうと少し劣るかなぁという印象。
さすがに時かけの後半の展開には勝てないでしょう。
しかし、この作品には熱い演出がいろいろあるのでそちらの方を楽しめれば十分いい作品と思えるのではないでしょうか。
作中の季節は夏なので、今見るにはもってこいの作品ですし、家族の絆がテーマになっているので、親子で見に行ってもいいと思います。


印象に残ったシーンはいくつかありました。
まずは、栄おばあちゃんが親戚や昔の知人などを頼り、片っぱしから電話をするシーン。
このシーンが2、3分ほど続いたと思うのですが、やれるだけのことをやるという栄おばあちゃんの言葉通り、必死に応援して行動させようというのが伝わってきました。
知人が警視総監だったりするのには驚きですが、死傷者が出なかったのは栄おばあちゃんのおかげなんですよね。
他にも、薙刀を持ち出してきたり、こんな行動力のあるおばあちゃん見たことはないわってくらい最強でした。

まさか、こんなに元気だった栄おばあちゃんが死んでしまったことには素直に驚いたんですけどね…。
で、印象に残ったシーンの2つ目は、栄おばあちゃんが亡くなってから悲しんでいる家族たちが横スクロールで描かれたシーン。
悲しむ家族に、何が起こったかを理解していない子ども達、そして、手を繋ぐ夏希と健二。
さらに画面はスクロールし、TVに映った甲子園の様子まで描かれました。
これまで夏希は侘助に対して好意を向けていたが、ここでようやく健二に対して想いを向けます。

最後のバトルシーン。
陣内家全員が携帯やDSを持ち出して一致団結するシーンは熱かったなぁ。
数字が74になった時はどうするのかと思ったけど、世界中の人々が夏希に託したシーンでちょっと感動。
夏希の最大の見せ場である花札のシーンは、花札のルールを知らないから雰囲気だけを楽しんでましたが(^_^;)
意味も知らないのに「こいこい!」って言いたくなりましたw
その後、解決したかと思いきや、時間が再び動き出し、ここからが健二の見せ場。
暗号を解くも、書き換えられてもう一度解き、最後はペンを落とし諦めたかと思いきや、なんと暗算で解いてしまったシーンは鳥肌が立ちましたよ。
「よろしくおねがいしまあぁす!」はこの作品の名シーンだなぁ。

一番最後のキスシーン。
もうね、ニヤニヤが止まりませんでしたw
時かけの真琴はあまり好みではなかったけど、夏希はホントに可愛かった
出来ればエンドロールでもいいからもうちょっと後日談のことを描いてほしかったなぁ。


あと、細田演出ついて。
標識は大量に出てくるし、朝顔や入道雲も出てくるけど、それほど気にせずに見れました。
あとは仮想空間OZでのCGぐらいかな?
作画は細かく描き込まれてるし、最後の巨大化したLOVEマシーンのところは凄かった。


ここまでだらだらと感想を書いてきましたが、ひとつだけ疑問に残ったことがあります。
はじめの暗号の正解者が50人くらい居て、かつ健二は最後の文字を間違えたのに、次の日には犯人として写真が写されていたのはなんで?
乗っ取られたアバターが健二のものだからならわかるんだけど、そういう描かれ方はしてなかったからなぁ…。


ここからはまとめ切れなかったことを箇条書きにします。

・OZの守り神はジョン・レノンとオノ・ヨーコだよなぁ
誰かOZ作ってください!
・声優は少し棒だけど、アニメ映画だとあんまり違和感無いなぁ
・家族で行ったらおじさんの「ヤッたのか」ってセリフがちと痛い(^_^;)
・一晩で50人以上も突破できるセキュリティはどうかと思う
・はじめに長野県じゃなく富山県を出してきたのはなぜ?

以上、うろ覚えな部分もあるから間違いがわかったら追記します。

▼トラックバック
FF11とアニメな日々
アニメって本当に面白いですね。
めでぃあみっくす
レビュー ばりすた!

↓ランキング参加中。クリックして下さると嬉しいですm(_ _)m


さっそくラノベ版買ってきます。



関連記事

コメント

TBありがとうございました

無線は傍受ではなく通信用だと思います。
それから、富山は「原発」だから。
当初は原発に落とすと言ってました。

細かい点で多少の無理は無きにしも非ずですが、
全体に破綻しないよう、各人の設定や役割をよく練ってありました。

TBありがとうございました。

あの縁側を1シーンで見せるところはよかったですよね。
この陣内家の広さを家族のつながりの広さとして、後半見せるためのフリにも思える見事さ。

ですから最後の花札勝負のシーンでは興奮がとまらなくなってしまうんでしょうね。

TBをいただきました。

はじめまして。

おっしゃるように、笑いや感動、アクションなど、どれも良くて、バランス度の高い映画でしたね。

佳主馬の表情と動きが、後半にかけて拡がっていくのは少し意外で面白かったです。

それから、花札、やってみたくなりましたw

感想と分析が詳細に及んでいて、楽しく読ませていただき、ありがとうございました。

KGRさんへ

コメントありがとうございますm(_ _)m

> 無線は傍受ではなく通信用だと思います。
ご指摘ありがとうございます。念のため直しておきました。
映画を見ている時は深く考えてなかったのですが、記事を書くときにあれなんだっけ?と思いそれっぽいことを書いてました(^_^;)

> それから、富山は「原発」だから。
なるほど。一応関係性はあったのですね。
あと富山の原発を出したのは、細田監督の出身が富山だからってのもあるようです。

おっしゃる通り、疑問の残る点はどれも細かいことばかりで、全体を見ると良くできた作品だと思います。
登場人物は多いけど、全員にしっかり役割が与えられており、無駄が無かったですしね。

にゃむばななさんへ

コメントありがとうございますm(__)m

> あの縁側を1シーンで見せるところはよかったですよね。
地味ではあるけど、アニメでは珍しい演出だなぁと思いながら見てました。
言われてみると、後半のフリというのも考えての演出だと思います。

花札勝負のシーンは一番盛り上がりましたね。
家族のつながりが最も強く描かれたシーンでしたし。

ysheartさんへ

コメントありがとうございますm(_ _)m

> 佳主馬の表情と動きが、後半にかけて拡がっていくのは少し意外で面白かったです。
佳主馬はこの作品で一番成長したのではないでしょうか?
監督が陣内家の全員が主人公と言ってましたが、私は佳主馬が真の主人公ではないかと思っています。

> それから、花札、やってみたくなりましたw
私もです。覚えてからもう一回映画を見たいと思います。
最近、「咲-Saki-」といい、アニメに影響されて新しいことを始めることが増えてきました(^_^;)

> 感想と分析が詳細に及んでいて、楽しく読ませていただき、ありがとうございました。
そう言っていただけると嬉しいですm(_ _)m
初日に見て感想を書いた甲斐があったなぁと。

昨日見てきました

花札シーンにもうちょっと健二を絡めて欲しかったなぁ、と言うのが正直な感想かなぁ。

一番好きなキャラクターは警官のあんちゃんでした。おばあちゃんのために氷を運ぶなんてイイ奴だなぁと思いました。
バカだけど。

クロスキーさんへ

コメントありがとうございますm(_ _)m
コメントしてくださったことに気づかず、返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

> 花札シーンにもうちょっと健二を絡めて欲しかったなぁ
健二は花札のルールを1から覚えていたので、このシーンでも活躍すれば成長がみれたかもしれませんね。
でも、健二は最後に「よろしくおねがいしまーす!」の名シーンがあるから、このシーンは夏希の独壇場でもいいと思います。

> 一番好きなキャラクターは警官のあんちゃんでした。おばあちゃんのために氷を運ぶなんてイイ奴だなぁと思いました。
このシーンはシュールなオチで笑えましたw(不謹慎ですが…)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

[映画『サマーウォーズ』を観た]

☆遅番仕事の前に、公開日の朝一発目を観に行きました。  MOVIX昭島のロビーは、他の夏休み映画とともに超混んでいました。  私の『ドラクエ?』の<すれ違い通信>は一気に11人をゲットしました^^  そして、『サマーウォーズ』の館内も超満員!  私は、?...

アニメ感想:サマーウォーズ

劇場アニメ「サマーウォーズ」の感想です。ネタバレにはならないようにしますが、本編に一部触れているので見に行く予定の方は気をつけてください。

サマーウォーズ・・・・・評価額1650円

3年前の夏、小規模公開ながら口コミで人気が広がり、異例のロングランヒットとなった「時をかける少女」の細田守監督の最新作。 「サマーウ...

サマーウォーズ・簡易感想。

ネタバレの本感想は後日。 観てきましたー。 初日や映画の日ということもあったでしょうが、観た時間帯は普通に満席になったぜ・・・! 作...

※※ サマーウォーズの試写会を見てきました ※※

8月1日(土)全国ロードショーの「サマーウォーズ」を見てきました。 応募条件でもありますので、感想を書かせていただこうと思います^^; ...

ぼくらのサマーウォーズ!

「サマーウォーズ」観てきました。映画館に行ったらかなりのお客さんがいて、凄い人気だなと思ったら、大半が忍者やポケモンでした(汗。大体15人くらいかな? さて映画。数学だけが取り柄の主人公は、憧れの先輩の恋人役を引き受けることに。さらにネットの世界で起こっ...

サマーウォーズ

月曜は試写会が当たったので行ってきた~。 まあ、私じゃなくて友達が当たったんだけど。私は外れた。両方私が出したんだけどね(^_^;)。 今回観たのは、「サマーウォーズ」。 話としては高校生の男の子が憧れの女の先輩からアルバイトを頼まれる。田舎で一緒に?...

『サマーウォーズ』

----この映画って、 6月ごろからマスコミ向けにラッシュ試写とかいうのが行われて でも、これってまだ完成品じゃないから 個人ブログでは書かないでねの お願いがあったという作品だよね。 「うん。ぼくは 締め切りの必要性に迫られていたわけでもないし、 未完成の作品よ...

「サマーウォーズ」:東砂四丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}小学校も夏休み真っ最中ね。 {/kaeru_en4/}子どもたちも映画館に行くのかな。 {/hiyo_en2/}夏休み映画の名作といえば、何と言っても「学校の怪談」。 {/kaeru_en4/}あれは、よかった。わかりやすくておもしろく、しかもおとなが観ても勇気をもらえる。校庭に?...

細田守監督最新作 映画 サマーウォーズ 多分ネタバレ無しの感想

憧れの先輩から突然頼まれたバイトは何と何とのフィアンセ役。実に羨ましいシチュエーションでストーリーが始まるサマーウォズ。数学オリンピック日本代表を逃した小磯健二が主人公で、仮想世界OZで起こる様々なトラブルと、陣内家一族との激しくも心温まる交流を描く、...

試写会「サマーウォーズ」

2009/7/20、厚生年金会館での開催。 上映前のドタバタは別記事で。 *** 神木?之介、桜庭ななみ、富司純子、谷村美月 *** 冒頭は、OZと呼ぶバーチャル・コミュニティの紹介。 OZ内でのアバターが、現実の世界とリンクしており、 リアルの世界での手続きや操...

映画『サマーウォーズ』を観たよ。

「あんたならできる」と言われたら、確かに、火事場の底力が出そう。 『サマーウォーズ』 2009年・日本・114分 監督:細田守 作画監督:貞本...

『サマーウォーズ』

腹が減っては戦はできぬ。一人でも戦はできぬ。だから「よろしくお願いします!」 あの『時をかける少女』の細田守監督の最新作は笑えて、泣けて、興奮して、そして笑顔になれる、個人的には前作を超えた邦画史上最高傑作と賞賛したいくらいに素晴らしすぎるほど素敵な映...

サマーウォーズ

【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) アニメーション監督・細田守×キャラクターデザイン・貞本義行×脚本・奥寺佐渡子。 2006年の日本アカデミー賞・アニメーション作品賞を初め、国内外の各映画・アニメ賞など23冠を獲得した「時をかける少女」スタッフが放つSF?...

映画レビュー「サマーウォーズ」

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆田舎の大家族が世界の危機を救うミスマッチが面白い。草食系男子のがんばりに拍手喝采だ。 【80点】 数学の天才で内気な高校生ケンジは、あこがれの先輩ナツキの誘いで、彼女の田舎の長野を訪れ、大家族の...

試写会「サマーウォーズ」鑑賞

★★★★★ 笑いあり、涙あり、映画につっこみあり? 2009/8/1から新宿バルト9などで公開予定です。 「サマーウォーズ」 http://s-wars.jp この夏、是非観たいアニメです!

細田守の新作、映画「サマーウォーズ」感想(ネタバレあり)

8月1日から公開された期待の映画「サマーウォーズ」を観てきました。

細田守監督映画「サマーウォーズ」感想 通俗を恐れない

こんにちは。8月ですね。8月1日はファーストデーで映画が1,000円!ってことで、公開初日の細田守監督映画「サマーウォーズ」を観てきました...

サマーウォーズ

昨日、公開初日にサマーウォーズを見に行って来ました。 8月1日に細田監督作品を見るという贅沢(?)をしたかったん です!つづきにネタ...

サマーウォーズ

悠雅的生活 夏休み特別企画。

映画『サマーウォーズ』

土砂降りの雨の中、今日から公開の映画『サマーウォーズ』を朝イチで。 Story 小磯健二(声:神木隆之介)は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系オタクだ。健二はある日、憧..

「サマーウォーズ」世界の危機を理解した家族が1つの強い絆になり戦った世界を守る戦い

「サマーウォーズ」は仮想世界(ヴァーチャルワールド)を舞台にしたストーリーで仮想世界で起こったハッキング事件に天才的数学力のある少年と家が代々武家生まれの少女とその家族たちが仮想世界で起こったハッキング事件に関わりその落とし前としてその事件に挑み戦うス...

サマーウォーズ・ネタバレ感想

「あんたならできるよ」 サマーウォーズ 公式ガイドブック SUMMER DAYS MEMORY(2009/07/29)ニュータイプ商品詳細を見る ネタバレ注意。

サマーウォーズ

2006年に単館公開から始まり、最終的にのべ100館以上でロングランヒットした 『時をかける少女』の細田監督が前作に引き続き、脚本・奥寺佐渡子、 キャラクターデザイン・貞本義行とともにチームを組み、数学が得意な気弱な 高校生がある事をきっかけに世界に迫る危機に戦..

サマーウォーズを見てきました。(映画感想)

ということで、昨日というかもう一昨日ですが映画の日で千円だったのでさっそく見てきました。 サマーウォーズの感想です。 とりあえず、ネタバレをしてるので少し間を空けて 続きを読むで。

【サマーウォーズ】レトロとITと戦いと・・・

サマーウォーズ~SUMMER WARS~ 監督:  細田守 出演:  神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、仲里依紗、富司純子       公開: 2009年8...

【映画】『サマーウォーズ』 感想

サマーウォーズ(SUMMER WARS) 監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 アバターデザイン:岡崎能士 OZデザイン:上...

サマーウォーズ

世界危機の夏。恋する夏。  

「サマーウォーズ」レビュー

「サマーウォーズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):小磯健二(神木隆之介)、篠原夏希(桜庭ななみ)、池沢佳主馬(谷村美月)、陣内侘助(斎藤歩)、佐久間敬(横川貴大)、陣内万理子(信澤三恵子)、篠原雪子/陣内典子?...

『サマーウォーズ』七夕完成披露試写会@新宿バルト9

基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、監督:細田守(時をかける少女)、キャラクターデザイン:貞本義之(新世紀エヴァンゲリオン)、音楽:松本晃彦(踊る大捜査線)が送る...

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。