混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」に参加しました。part1

2009'11.30 (Mon)

今回もゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんの企画に参加します。
参加するのは今回で5回目ですが、参加するのはいつも締め切りギリギリですw

詳細は以下をどうぞ↓
「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」

今回は少し量が多かったので2回に分けました。
評価する作品は全部で11作品になります。

自分でも多くてびっくりしてます(^_^;)

part1で評価する作品は以下の6作品です。

涼宮ハルヒの憂鬱二期
プリンセスラバー!
シャングリ・ラ
咲-Saki-
GA 芸術科アートデザインクラス
宙のまにまに


では、いってみましょう。

★涼宮ハルヒの憂鬱二期

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…4
演出…1
音楽…3
総合的な評価…2

総合点…15

笹の葉ラプソディーは過去の話で、それが後に繋がるというものだったので面白かったです。
で、今後も期待できるぞ!と思っていたら…あのエンドレエイトですよw
エンドレスエイトはあれだけ引っ張っておいて、オチが大したことなかったので残念でした…。
溜息も1期の話を補完するものだったので、結末がわかっていてそこまで楽しめなかった。
エンドレスエイトは全部見るのがつらかった…。
作画やキャラクター性は1期とほぼ同じだったので、全てはエンドレスエイトが悪いw
あれを3回ほどで終わらせていればここまで悪い評価にならなかったはず。
そこまで好きな作品ではないけど、成功してよりアニメ業界が活発になればいいなと思ってたんですがね…。
消失の映画を見に行くかはわかりませんが、盛り上がればいいなと思います。


★プリンセスラバー!

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…2
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

普通に恋愛ものを描いている時よりも、6話(たぶん)みたいなギャグメインの回の方が面白かったw
シャルが攫われてからの話(特に、列車に乗ってから)は盛り上がりに欠けていたような…。
ずっとギャグメインでやってほしかったが、恋愛をテーマにしている以上、そんなことはできないか…。
作画に関しては、エロゲ原作にしては良い動きをするときもあったし、楽しめた。
結局、よくあるエロゲ原作のアニメ化になってしまった感があるのは残念。


★シャングリ・ラ

ストーリー…2
キャラクター性…2
画…2
演出…2
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…15

放送前は公式HPに書かれている世界観に惹かれて期待していましたが、終わってみればもったいない作品だったなぁと。
設定や伏線が多すぎて、その説明に時間をかけすぎていたと思う。
で、ようやく物語が動いたのは終盤で、伏線が多すぎため忘れているものもいくつかありました。
そして、最後の卑弥呼とかいうわけのわからないオチが残念…。
作画もところどころ崩れていたイメージがあったし…。
ただ、音楽(OP/ED)はとても良かった。


★咲-Saki-

ストーリー…3
キャラクター性…5
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…5

総合点…23

私が麻雀をやり始めるきっかけとなったアニメで、とても影響されました。
作中ではあまり麻雀について詳しく描かれなかったのは残念だけど、百合っぽくキャラクター性を重視して描かれていたのでそれはそれで良かったと思う。
原作のストックが少なかったので、少し間延びしているような印象を受けたり、最後は中途半端にオリジナルを入れたりと構成の仕方には疑問が残った。
作画は安定していたし、田中宏紀原画が好きな私にとってはとても楽しめた。
原作のストックがたまったら、是非2期をやってもらいたいです。


★GA 芸術科アートデザインクラス

ストーリー…3
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

第一印象は、テンポが早くて良い。悪く言えば、4コマそのままという印象でした。
4コマ原作においてストーリーというのは重視されていないので、あれで良かったと思う。
この作品の一番の魅力は、キャラクター性。
個性豊かなキャラクターたちをうまく描いていたと思います。
作画に関しては、背景や小物が細かく描かれていて良かったです。
余談ですが、最終回の闇鍋に影響されて、友達と実際に同じ具材を使って闇鍋をしたら悲惨なことになりましたw


★宙のまにまに

ストーリー…5
キャラクター性…5
画…4
演出…5
音楽…4
総合的な評価…5
総合点…28

前期の中では一番面白かった作品です。
毎回、ギャグやシリアスを入れてくるんだけど、最後はきっちり感動できるエピソードで締めていたのが好印象。
ギャグは原作とほぼ同じだけども、その原作の良さをうまく引き出せていたと思う。
12話で季節が1周する間の星座を紹介していたし、星の魅力をうまく伝えることができたと思う。
人間関係がどのように発展していくかをもう少し見てみたかったが、それは原作に期待しよう。


続きはこちらになります。
「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」に参加しました。part2

↓ランキング参加中。クリックして下さると嬉しいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログへ

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。