混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」に参加しました。part2

2009'11.30 (Mon)

今回もゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんの企画に参加します。

こちらの記事はpart2となります。
part1はこちらをどうぞ

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」に参加しました。part1

詳細は以下をどうぞ↓
「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」

part2で評価する作品は以下の5作品です。
狼と香辛料Ⅱ
青い花
東京マグニチュード8.0
CANAAN
戦場のヴァルキュリア


また、ベストキャラクター賞、ベストOP賞、ベストED賞、ベスト声優賞・男性、ベスト声優賞・女性も選ばせていただきました。

では、いってみましょう。

★狼と香辛料Ⅱ

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…22

制作会社は変更になったものの、1期と同じ雰囲気を作れていて全く違和感などは無かった。
アマーティ編ではホロとロレンスが絡むシーンがあまりなかったため、個人的には残念でした。
全体的に見て、演出、ストーリーは良かったのに、終わり方は納得できなかったなぁ。
で、結局どうなったの?見たいな感じで、もう少し説明が欲しかった。
続編がありそうな終わり方をしたので3期やってほしいなぁ。


★青い花

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5
演出…5
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…27

ガチ百合と聞いてついていけるか不安だったけど、そういう描写はうまく隠されていたので見やすかった。
もう少しふみちゃんとあーちゃんと関係を描いてほしかったかな。
ただ、ふみちゃんがあーちゃんを好きになるという過程は細かく丁寧に描かれていたので非常に興味深かった。
作画に関しては、原作みたいに綺麗に描かれており、また田中宏紀原画の細かい髪の毛の動きも楽しめたので満足です。
音楽は、雰囲気あってるし、なんといってもOPの入るタイミングが良かったです。。


★東京マグニチュード8.0

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

震災をテーマにした作品だと思っていたら、家族の絆がテーマになっていた。
別に家族の絆がテーマでもいいんだけど、それだと地震じゃなくてもできるじゃんって思ってしまう。
だから、もっと被害状況を細かく描いてほしかったなぁと。
あとは、後日談をもう少し入れてもよかったんじゃないかと思います。
ただ、終盤の弟くんの生死について、どっちとも取れるような演出などはうまかったと思う。


★CANAAN

ストーリー…3
キャラクター性…2
画…5
演出…4
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…21

はじめはアクションシーンが面白くてこれからどうなるんだろう?と思っていたら、終わってみると結局何がしたかったの?という感じ。
というのも、キャラの掘り下げがどのキャラに関しても不十分だった気がします。リャンはまだマシだったけど。
特に、マリアは終始何をしたいのかよくわからない子だったしなぁ。
アルファルドのことをあまり掘り下げなかったために、最終回の列車の上での戦闘は盛り上がりに欠けたし、もう少し綺麗に決着をつけてほしかった。
話数単位で見ると、10話と11話だったか、サンタナとハッコー、リャンとカミングズの関係を描いた話ではうまく演出できていたと思う。
作画に関しては、P.A.WORKSということもあり、よく動くし満足のいく出来でした。


★戦場のヴァルキュリア

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…4
演出…2
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…17

脚本的に考えて、戦争よりも恋愛メインになるだろうとは思っていたけど、もう少し丁寧に戦闘を描いてほしかったなと。
あまり緊張感が感じられなかったし、後半はヴァルキュリア無双だったのがさらに面白さを失くさせた感がある。
さらに、マクシミリアンの戦う理由がしょうもなくて小物に見えてしまったことも残念でした…。


★ベストキャラクター賞
ノダミキ(GA 芸術科アートデザインクラス)
いつもキラキラしててかわいかった。
見ていて元気をもらえるようなキャラクターでした。


★ベストOP賞
mind as Judgment(CANAAN)
曲がカッコイイことは言わずもがなですが、映像との相乗効果もあり前期では1番良かったかなぁと。


★ベストED賞
Blue sky,True sky(ティアーズ・トゥ・ティアラ)
この作品は1話しか見ていないので、曲だけでの評価です。
ゆっくりした始まりから、サビ前からテンポが良くなる所が好きですね。
結城アイラさんはもっと評価されるべきだと思う。

★ベスト声優賞・男性
福山潤(「狼と香辛料Ⅱ」ロレンス役etc…)
一番印象に残っていたので。というか、調べないとわからないのがほとんどです(^_^;)


★ベスト声優賞・女性
伊藤かな恵(「宙のまにまに」明野 美星役etc…)
単純に、かわいい声してるなぁと。
美星の明るくてどんどん突っ走っていくキャラにはぴったりだったなと思いました。
今やってるレールガンの佐天はまたちょっと違った感じだけど、こっちもいいなぁ。
最近好きな声優の一人ですね。


以上で評価項目は終わりですね。
またまた集計期間ギリギリの評価になってすいません。
いつものことながら、集計大変だとは思いますががんばってくださいね。


↓ランキング参加中。クリックして下さると嬉しいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログへ

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。