混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2009年ベスト/ワーストアニメ」に参加しました。

2009'12.31 (Thu)

もうすぐ年越しですが、その前に多少やっつけ感のあるまとめ記事なんかを書いてみましたw
読んでいただけると幸いです。

アニメ評論、考察系ブログで有名な反=アニメ批評さんとEPISODE ZEROさんが「2009年ベスト/ワーストアニメ」という面白そうな企画をされるので、参加したいと思います。

企画内容は以下のようになっております。
気になる方は企画者のブログをご覧ください。

■「2009年ベスト/ワーストアニメ」
* 執筆形式・論述分量自由
* ベスト/ワーストの定義も自由
* 挙げる作品数も自由
* 書きあがった記事は「反=アニメ批評」か「EPISODE_ZERO」の告知記事にトラックバックを送っていただければ、後々そのまとめ記事を作成します
* 記事の一斉アップ時間は12月27日(日)23時~24時の間(23時直後推奨)
* その時間帯は都合が悪いという方でも、年内にトラックバックしてくださればまとめ記事に対応させていただきます
* (質問があったのですが)「はてなダイアリー」以外でも、ブログをお持ちの方でしたらどなたでも大歓迎です。何ならtwitterでも問題ありません
* トラックバックが難しい場合は、こちらのコメント欄等で連絡していただく形でも結構です


上記の通り、書き方はほとんど筆者にゆだねられているようですので自由に書かせていただきます。
私はベスト=影響を受けた作品と定義しました。

■2009年ベストアニメ「宙のまにまに」

宙のまにまに Vol.6<最終巻>(初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.6<最終巻>(初回限定版) [DVD]
(2010/01/20)
前野智昭伊藤かな恵

商品詳細を見る


1クール作品の中でこの作品以上に出来の良いものはそうそう無いだろう。
まず、作品全体を見渡したときに光るのが、何といっても構成の良さ。
1話が4月から始まり、その後1話で1ヶ月を描いて、12話で丁度1年が経過している。
もちろん、これは原作同様に四季の星空を順を追って紹介していくためだと考えられるが、そのまとめ方がまた素晴らしい。

また、昨今の深夜アニメとしては珍しく、お色気要素が一切ない。
美星が抱きついたり、水着回があったりはしたけど、不健全には見えないというのがまた良い。
NHKで放送しても良かったので?と思えるほど。

これらは、星の良さを知ってもらうことに焦点をおいたためなのだろう。
星空は本物とそっくりにトレースして描かれていたし、星の見方も詳しく説明されていた。
なんでも、原作者と制作スタッフが何度も天体観測をして、時間帯、方角、星の位置関係などを研究していたようです。
また、この作品の協力を見てもわかるように、天文という分野そのものが力を入れているのがわかります。
(アストロアーツ/星ナビ、世界天文年2009日本委員会、コニカミノルタ プラネタリウム“満天”、ピクセン)

長々と書いてきたけど、私はこの作品が持つ星の魅力というのに惹かれたわけですよ。
まずは原作を買うところからはじめ、星を覚え、天文部員のセリフを覚え(ん?
今では目視できる星なら少しは解説出来るんじゃないかな?というぐらい。
次は小学生以来のプラネタリウムに行こうかなと思ってます。
そして、いつかは自分の天体望遠鏡で星を見に行きたいなぁと…。

あ、その前にDVD買わなきゃね。
というわけで、今年一番影響を受けた作品だったのでベストアニメに選びました。

原作はまだまだ続いているし、新入部員が増え、地学の要素も含まれてきて幅が広がってます。
できれば2期を!と言いたいところだけど、DVDの売上を見る限り、難しいだろうなぁ…。

とりあえず、一番言いたいことは、みーちゃんのかわいさは正義!だってことですw
この企画に参加されている方の記事を回ってみたのだが、この作品を1番に挙げる方はほとんどいなかったというのが悲しい…。


■「咲-Saki-」
第1話を見た時点では、これは麻雀がわからないと楽しめない作品だと思い、早くも切ることを考えていました。
丁度その頃、タイミングよく麻雀をやりたがっている友達がいたので一緒に始めてみたところ、すっかり麻雀にはまってしまったw
少しずつ麻雀のルールを覚えていくことで、よりこの作品を楽しめました。
一部、突っ込みたくなるところはありましたがw

でも、この作品は麻雀を題材にしているけどそこが本題ではないからいいのですよ。
この作品は典型的な萌えアニメですからね。
これほどまでに各キャラクターにスポットを当てて見せ場を用意しているのは見事。
最後は原作に追いついてしまい後味の悪い終わり方となってしまいましたが、これは2期があることに期待しましょう。


■「とある科学の超電磁砲」
山内重保が絵コンテと演出を担当した第9話をきっかけに、演出の意図を考えるようになりました。
カーブミラー、橋の下、コーンetc…


■「ささめきこと」
第5話の爆発回は、今期作品の中で一番笑わせてもらった回。
何が良いかって、2回目の爆発(天丼)が最高なんだよなぁ。
また、あおきえいが絵コンテを担当した第11話も非常に興味深かった。
飛行機雲で始まり、飛行機雲で終わる。
まるで細田守のようだなぁと思っていたら、ビーチパラソルの下ではキャラが影なしで描かれていた。
そして、あのプールの背景ですよ。
喰霊-零-の監督ということで名前を知っていたけど、これほどまでに面白いとはね。
時間があれば過去のあおきえい作品を見てみようと思っています。


■「青い花」
以前ならこういう作品は視聴する前から切ってしまう対象にしてました。
が、周りの評判が良いので見てみると、水彩画タッチな作画と細かな心理描写に惹かれていきました。
見るアニメの幅を広げてくれたということで、これもベストアニメに入れておこうと思います。
おそらく、この作品を見ていなければ、ささめきことや君に届けも見ていなかっただろう。


■2009年ワーストアニメ「黒神 The Animation」
最後まで見て一番損したと思った作品。
最終回の走馬灯が長すぎて総集編にしか見えなかった…。
それまで惰性で見続けていたこともあり、私の中ではこんな評価ですw


↓ランキング参加中。クリックして下さると嬉しいですm(_ _)m
にほんブログ村 アニメブログへ

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。