混沌-chaos-という名のクロニクル

このブログは、めりんだの平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は(ry 内容は、アニメ、ゲーム、HR/HMなどの音楽、F1などが中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[マンガ感想] 大図書館の羊飼い the Little Lutra lutra (1)

2013'01.03 (Thu)

大図書館の羊飼い the Little Lutra lutra (1) (カドカワコミックス・エース)大図書館の羊飼い the Little Lutra lutra (1) (カドカワコミックス・エース)
(2012/12/22)
日下 皓

商品詳細を見る

ブログ再開します。
まずは今日1年ぶりくらいに漫画買ったので、それをネタに感想書きます。

本作を読む前に、まずはゲームの体験版(もしくは製品版)をやることをオススメします。

本作は、1/25に発売されるオーガストのエロゲをコミカライズ化したもの。
注目する点は、ただコミカライズ化したのではなく、視点をメインヒロインのつぐみで描いている所。
オーガストのゲームには、主人公が居ない場面での話を補完するために、別のキャラに視点を移す「Another View」というシステムがあり、それに似たような描き方をしている。

何かを変えたいと思うつぐみと、何も変えたくない筧。
そんな2人の対比を原作とは違う視点で上手く描いている。

原作では筧がずっと読書ばかりしていてぶっきらぼうな奴というイメージが強かったけど、このマンガではつぐみが巻き込んでいく様が強調されていて、少しかわいそうに思えた。
逆に、つぐみは原作だと色々とちょっかい出してくるし少し鬱陶しいと思ったけど、マンガでは視点がつぐみになっていることで、つぐみが何をやりたいかが少しわかりやすくて良い印象を受けた。

ヒロイン視点だと、他のヒロインにあまりスポットが当たらないのが少し残念かな。
つぐみが好きな人にとっては良いことだろうけど、僕は小太刀が一番好きなので。

ストーリーはほとんど原作の体験版にあったものと同じ。
新規で追加になっているのは、猫を探す依頼と、筧が予知で高峰を助けたシーンくらいかな。

タイトルの後ろに付いている「the Little Lutra lutra」という言葉が気になって調べてみたところ、「小さなユーラシアカワウソ」という意味のようだ。
なぜこの言葉を付けたのかというのが引っかかるところだが、wikipediaに「2012年に、環境省より絶滅種に指定された。」と書かれているのが気になった。
鈴木さん的世界遺産=絶滅種?

このマンガを描いた日下皓さんはどこかで見かけた名前だと思ったら、「SHUFFLE!」のコミカライズをやってた方でした。
話をスマートに纏められていて、ゲームのコミカライズには慣れてる感じがしました。

今回の感想ではマンガのことにしか触れませんでしたが、原作の方も体験版をやった限りでは期待できそうだったので、発売が待ち遠しいです。
原作の方も感想を書くと思います。



関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

めりんだ

Author:めりんだ
4月から社畜予備軍
性別は♂
メタラーにしてアニヲタ。
どのくらいかというと、週1でCDを買い、新作アニメはすべてチェックするぐらい。

☆お知らせなど
このブログについて
相互リンク募集中
Last.fm
└skypeID=faceofmelinda5

アニプレッション!!に参加しています。

4月からネット環境が無くなるため、超不定期更新。
これからは音楽ネタメインで更新予定。

改めてよろしくお願いします。

カテゴリー

Twitter

カレンダー

ブログランキング

カウンター


読書メーター

めりんださんの読書メーター めりんだの最近読んだ本

zenback

『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。